Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乃木坂46・高山一実、セカンド写真集『独白』のカバーが解禁!

乃木坂46の高山一実のセカンド写真集(2月26日発売・徳間書店)のタイトルが『独白』に決定。 3タイプのカバーデザインも解禁となった。

メンバー初の小説家デビューを果たし、処女長編小説『トラペジウム』が17万部の大ヒットを記録している。

元々グループきっての愛されキャラでバラエティ担当であり、最近では頭の回転の速さとトーク力を活かして番組MCでも活躍するなど、マルチな才能を発揮している。

高山一実といえば、何と言っても乃木坂46でもトップクラスの脚線美が魅力的。

ただ、胸は、それほど大きいとは言えず、手に収まりの良いサイズといったところだろう。

 Yahoo!ニュース 
乃木坂46・高山一実、セカンド写真集のタイトルが『独白』に決定 3タイプのカバー...
乃木坂46の高山一実のセカンド写真集(2月26日発売・徳間書店)のタイトルが『独白』 - Yahoo!ニュース(デビュー)

高山一実(乃木坂46)、2nd写真集はヘルシンキでのランジェリー姿など興奮的な内容

以前から、高山一実さんが行きたかったというヘルシンキにて、水着姿を披露。

正直、胸は、あれ・・・ですが、引き締まったウエスト、スラッとした脚は魅力的です。

乃木坂46・高山一実、セカンド写真集『独白』を見たオタクの感想

男性オタクの声

かずみんの色白美脚はたまらんなー

女性オタクの声

かずみんは、嫌味がなくて女子から好かれるタイプだよね。

男性オタクの声

高山一実ちゃんは、他のアイドルにいないキャラだよね。あと、小ぶりの胸もマニアはたまらん。

乃木坂46・ 高山一実さんの小説『トラペジウム』の評価は?口コミ、ブログを調査

乃木坂46から初の小説家デビューとなった高山一美さんが描く、”感動の青春小説”です。

高山一実さんの美貌は認めるものの、小説家としての実力はどうなのでしょうか?

現役トップアイドルが綴る「アイドル」への熱い想い

この小説は創作であるが、トップアイドルグループの中核メンバーとして突っ走ってきた著者の実感やアイドル活動にかける情熱が色濃く反映されている。
この本の面白さの一端がそこにある。

「アイドルってこんなこと考えてたりするんだ」と思ったならそれは恐らく狙い通り。
バラエティ番組で著者がしばしば見せるサービス精神が垣間見える。

ラストの台詞へと連なる、主人公が熱く語るアイドル像。
紛れもない、高山一実その人が乗り移っているかのように思えた。

小説の概念をちょっぴり変えそうな、風変わりな作品

読了。文章がこなれていない部分はたしかにあるけれど、それを補って余りある著者の情熱と、経験と、思考の深さを感じさせる作品だった。
「アイドルを目指す女の子が東西南北の美少女を集める」という設定はわかりやすく、登場人物たちの名前もすぐに入ってくる。
以降の展開には若干もたつきを感じる部分もあったが、現役のアイドルである著者だからこそ伝えられる部分が、それを上回っているように感じた。
小説ってこういうものだ、というものを揺さぶる非常に素晴らしい作品だと思います。