女子を潮吹きさせるコツを教えます!マンコを攻略する訓練方法を伝授

潮吹き

「潮吹きしたことない!」といった女性も「女性を潮吹きさせたことがない」という男性もいるのではないでしょうか。

女性は男性に比べて、イッたり潮吹きをするのに時間がかかりやすい方が多く、潮吹きをさせるためにはコツと時間が必要です。

この記事を読んでいる方の中にも「やり方がよくわからない」と悩んでいる方がいるのではないでしょうか。

今回の記事では、主に男性に向けて、女子を潮吹きさせるためのコツを伝授します!

そもそも潮吹きとは?

潮吹き

潮吹きとは、女性がイク直前やGスポットを集中的に刺激されたときに女性の尿道から液体がプシュー!ブシュッ!と放出されることです。

よくAVで「ああん!イクイクイクぅ!!」といいながらAV女優が腰を痙攣させながら尿道から水のようなものを放出しているのをみたことがあるという方も多いと思います。

これを現実世界で体験できる女性は、そこまで多くはありません。

また、実際の潮吹きはAVのようにプシュー!と放出するような感じではなく、ピチョピチョと女性に潮吹きをさせるためには、男性側にもそれ相応のテクニックが必要となります。

ただ単にGスポットを刺激し続ければいい、激しく手マンをすればいいというわけではありません。

それではこのあと、いよいよ女性を潮吹きさせるためのテクニックをご紹介します。

まずは、女性をかなりの興奮状態にさせる必要がある

精神状態とセックスには強いつながりがあります。

例えば、女性が緊張していたらなかなか濡れませんし、女性がセックス中に不安などを感じると膣内が乾いたりしてしまいますよね。

それは男性もおなじで、極度に緊張してしまうと勃起していても萎えてしまうなど、セックスをする際にはメンタルをしっかりと安定させておく必要があります。

そのため、女性を潮吹きさせるためには、前戯をしっかりと行ってください。

例えば、乳首が感じやすい女性であれば、乳輪を指でなぞりつつ焦らし、乳首を優しくクニクニしてみてください。

一方、クリトリスをいじられるのが好きな女性であれば、クリトリスを優しくなでたり、舐めたり刺激して、クリトリスでイクことのできる女性であれば、クンニやローター、バイブなどでクリトリスでイッてもらってもいいでしょう。

そのほうが、より女性を潮吹きさせやすくなります。

実際に筆者もクリイキしたあとのほうが潮吹きしやすかったです。潮吹きをするときはやっぱり興奮状態にあるときじゃないとなかなかできないんですよ。

全身リップをされたり、濃厚なディープキスをすることでビチョビチョになる場合もあるため、どういったことをされるのが好きなのか女性に事前に確認しておきましょう!

潮吹きさせるためのコツ

潮吹き

ここでは、潮吹きさせるためのコツをご紹介します。

まずはGスポットを見つける

Gスポットとは、一般的に膣の入り口から約3センチほど奥にある部分で、膣の上の部分のザラザラしている部分とよく言われていますよね。

ただ、女性によって感じる部分は若干ことなるので、必ずしも「膣の入り口から約3センチほどの奥にある部分」がGスポットというわけではないこともあります。

まずは、女性に手マンをして、膣の上の部分のザラザラしている部分を探します。

そこを強めに刺激してみて、女性が感じるようであればそのまま刺激し続けてみてください。

一方、膣の上の部分のザラザラしている部分を刺激してもあまり感じないようであれば、別の場所を刺激してみましょう。

筆者の場合、一般的にGスポットと言われる部分とはまた少しずれた部分のほうが気持ちよく感じました。

でも、潮吹きしそうな感覚はしましたね。

ただし、AVのように激しく手マンをして力強く刺激するのは厳禁です!

女性に潮吹きがでそうな感覚を知ってもらう、慣れてもらう

潮吹きしそうな感覚は、女性によって異なるかもしれませんが基本的には「おしっこがでそうになるような感覚」「なんとなく気持ち悪い?違和感がするような感覚」と言われています。

筆者もはじめて潮吹きするときは、よくわからない感覚に襲われて彼氏に「とめて!やめて!」と何度もストップさせた経験があります…。

なんとなく、あの塩吹きそうな感覚って最初は少し怖いんですよね。

ですので、まずは女性にそのような感覚を知ってもらい、慣れて貰う必要があります。

一回目のセックスで潮吹きをさせるのは、これも女性によりますが潮吹きをしたことのない女性の場合だとほぼ不可能でしょう。

なぜならそもそも「潮吹きをするときの感覚を知らない」からです。

そのために、前の「まずはGスポットを見つける」という見出しでご紹介したように、女性のGスポットを刺激してあげてください。

しばらく続けていると、きっと女性はおしっこがでそうな感覚を感じると思います。

しかし、女性によってはその「おしっこがでそうな感覚」が怖くて、どんな感じなのかわからなくて「待って!止めて!」と言われてしまう場合があります。

そのときは、必ず手マンをするのをやめてあげてください。

女の子によっては、潮吹きしそうな感覚はよくわからない謎の感覚、違和感のする感覚と感じることもありますので、何回か手マンをして「潮吹きしそうな感覚」に慣れてもらい徐々に潮吹きをできるようにさせてあげてくださいね。

ペニスで潮吹きさせる

セックスで正常位をし、Gスポットのあたりを中心に突きます。

男性にとっては体制をキープするのが大変で疲れるかもしれませんが、女性によっては手マンでGスポットを刺激されるよりもセックス中にペニスでGスポットを刺激されるほうが気持ちよさを感じて潮吹きしやすくなる場合もあります。

セックスの際にGスポットを突くときも、激しくせずおそすぎず速すぎないスピードでGスポットをついてください。

そうすると、女性が気持ちよくなりそのままペニスでGスポットを刺激し続けると潮吹きする場合があります!

ですが、この場合も、未知の感覚に違和感を覚えて「ちょっとストップ!」と言われてしまうかもしれません。

その場合もまずは必ず一旦Gスポットをつくのをやめてあげてくださいね。

ですが、手マンよりもペニスでGスポットを刺激するほうが愛液がより溢れてきやすくなるため、潮吹きさせやすくなります。

女性のGスポットを突き続けて気持ちよさそうに興奮していて、このままGスポットをペニスで突き続けても平気そうだなと思った場合には、思い切ってちょっとピストンの速度を早めてGスポットへの刺激を強めてみましょう!

そうすると、女性はそのまま潮吹きする場合がありますよ!

実際に筆者も、セックスのときにGスポットをガンガン突かれたほうが潮吹きしやすいです。手マンで潮吹きはできるときとできないときがあります。

女子を潮吹きさせるコツ、まとめ

最後にもう一度、今回の記事でご紹介したことを簡単にまとめます。

  • 潮吹きさせるためにはGスポットを刺激する
  • 女性の様子を見つつGスポットを刺激し、無理強いはしない
  • セックスをして、ペニスでGスポットを刺激したほうじほうが比較的潮吹きさせやすい

女性を潮吹きさせたい!と意気込む男性は、ぜひこれをきっかけにテクニックを磨いてみてはいかがでしょうか!