Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハッピーメールで知り合った20代前半女子とのオフパコ体験談

ハッピーメールへアクセスしてプロフ検索で「興味あること」の欄に「大人の交際」の表記のある人にのみ狙いを定めると20代前半 155~159 ややぽっちゃり 会社員・OL「しずる」という名前で

「午前中のみで話早い人いませんか?」

という募集があるではありませんか!

しかも交際ステータスは「独身」になっております。

恐らく返事は来ないだろうと思いつつメールをしてみると数分後にはそのしずるさんから返信があり

「午前中しか空いてないので短時間でも良ければお願いします」との事。

ハッピーメールは、500円分から購入が可能

彼女の出す条件も十分同意出来るので早速返信しようとするとポイントがほとんどない事に気づきクレジットカードで500円分購入します。

55ポイントが追加され先程のやり取りを再開します。

ハッピーメールって500円でもポイント購入出来るから助かります。

早速「わかりました。それでも構いませんよ。待ち合わせは何処がいいですか?」

と返すと「○○のショッピングモールの紳士服店の前でどうでしょうか?」

ときたので「わかりました。15分程で着きますから待ってて下さい。」と返し家を出ました。

20代前半の女子と待ち合わせ

そして15分後待ち合わせ場所へ行くと20代前半位の女性が数人いてどの人だがわかりません。

再度ハッピーメールへアクセスし「送受信記録」からしずるさんに「どんな服装してますか?」とメールすると

「茶色のワンピに黒のロングスカートです」

と即返事が来たので辺りを探すと髪はセミロングで20代前半位の彼女指定の服装をした女性が立っています。

恐る恐る

「しずるさん?」

「あ!はい!どうも」

と頭を下げてきます。

聡明な感じの女の子で明らかに20代前半でなかなか可愛くどちらかと言えば「ややぽっちゃり」ではなく普通体型です。

このレベルまでくるともはや珍しく「この子誘っても大丈夫なのかな…」等と思ってしまいます。

近くのホテルへ行く途中

「今いくつなの?」

「今年で22です」

「若いなぁ!俺42だけどいい?」

「 え?いいですよ。歳離れてたほうが安心です」

などと例え社交辞令でも嬉しい事を言ってくれます。

私はついつい

「しずるさんカワイイね」

と言ったら

「 イヤイヤイヤ!そんなことないです!」

って顔の前で手を左右に振りながら照れ笑いしてました。

出会い系で知り合った初対面の男にはあからさまに警戒心を見せてくる女性が多いですがしずるさんはそれほどでもなくこちらとしても接しやすいです。

ホテルで一緒にシャワーを浴びる

ホテルへ着くと私は

「短時間の方がいいんだよね?ならシャワー一緒に浴びようか?」と打診してみました。

ダメならやめておこうと思っていたのですが

「うーん…一緒ですか…うーん…いいですよ。」

と悩みながらも承諾してくれました。

お互いに全裸になります。

しずるさんは胸は小ぶりですがお尻は少し大きめ。

肌は白くて綺麗でハリがありまさに若い女性のそれです。

それを見ていたら興奮してきました。

二人でシャワーを浴びながら

「 今彼氏いるの?」

「 今はいないです。でも少し前はいたんですよ。ハッピーメールで知り合ったんです」

と言ってくれました。

ベットでのお楽しみ

ベッドへ行き抱きながら唇を頂きにいくとキチンとそれに答えてくれます。

こちらも完全に反り立つ程興奮しているせいか思わずしずるさんのアソコにタッチしてしまったのですが感じやすいのか既に濡れています。

そのままソコを攻めたくなる衝動に駆られますがここは我慢ししずるさんの首筋を優しく愛撫すると息づかいが少し荒くなり

「気持ちいい…」

と呟き耳を指先で回すように触れていくとピクンと反応します。

次に両胸を揉んで乳首を愛撫していくと喘ぎ声を出しながら私の頭を両手で押してきているのでそれを私の判断でクンニへ移行しました。

それが正しいのかはわかりませんがしずるさんは体を捩りながら感じています。

そして小刻みに体が震え初めあっという間にイってしまったようです。

「気持ち良かった…」

と囁き放心状態のしずるさんの耳元で

「どの体位がいい?」

と聞くと

「バック….」

しずるさんが四つん這いになり我慢汁を出してる硬い物をお尻の中に入れるとそれは見事にその中へ姿を消しますが私が腰を引かせるとまた

姿を現しこれを繰り返し行います。

最初はゆっくり始めて徐々に早くしていく…

ただ早くするのではなく腰を大きく正確に振る…

そうすればお互いに気持ち良くなれます。

動いていると汗が目に入ってきて痛くなってきます。

それでも快楽のほうが勝っているししずるさんもそれを求めていると思うので私は腰を振り続けます。

やがてやってくる射精感を目指して…。

しかしそれは意外にも早く訪れました。

私はそこから自分の物を抜きしずるさんの白くて綺麗なお尻の上に大量放出するに至ったのです。

ハッピーメールを引き続き利用することを誓う

帰り際しずるさんに

「またお願いしたいんだけど直メじゃだめ?」

とお願いした所

「それはちょっと…ごめんなさい…」

やんわり断られましたが

「でも ハッピーメールの中でのやりとりなら大丈夫です。」

と言ってくれました。

それから数時間後ハッピーメールからメールがあり

「1件新着」とあるので見てみるとしずるさんからで

「今日はありがとうございました。また誘って下さい」

彼女の律儀さに感心しながら 「らくらく返信」を使い

「こちらこそありがとうございました。近いうち必ずお誘いしますので宜しくお願いします」と返信しました。

彼女との連絡用にでもまたハッピーメールのポイントを買っておこうと思いました。