Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女子に断わられない、デートへの誘い方テクニック

まず最初に知っておかなければならないのは、好意を持っていない男性からの誘いに乗る女性はほとんどいない、ということです。

それが「デート」というニュアンスであればなおさら、成功する確率は低くなるでしょう。

ではどうすれば誘いに乗ってくれるのでしょうか。

おすすめ記事

出会い系サイト初心者は必読。コツさせ掴めば入れ食いです(笑)

Dカップ歯科衛生士と出会い系サイトPCMAXで本当に出会えた秘策

最初からデートとして誘わない。

肝心なのは最初からデートとして誘わない、ということです。

あまり関心のない男性から本気モードでぐいぐい誘われれば、女性は慌てて逃げ出します。

1度はっきり好意を示して断られた場合、次はありません。

最初はハードルを下げ、気軽に誘ってみましょう。

例えば、

「明日18時から友達の結婚祝いをするんだけど、そのプレゼントを一緒に選んでくれない?」

なんていう軽い誘いなら、断る理由もありません。

それでも彼女が迷っているようなら、

「2時間くらいでいいんだけど」

と時間を具体的に示すことで安心感を与えることができます。

続けて、

「○○さん、普段からセンスいいなぁと思ってたから」

「ダメかなぁ」

と、あくまでも優しくお願いすることで、彼女の警戒心も解かれるはずです。

大切なのは、まず2人きりという設定をクリアすることです。

わずか少しの時間でも、2人きりで楽しく過ごすことができれば、彼女にとってあなたの印象は違ってくるはずです。デートとして誘うのはそれからです。

ガツガツ迫ってはいけない。

軽い誘いに成功したら、次はお茶に誘ってみましょう。

彼女の好みの食べ物をさりげなくリサーチしておくのも忘れてはいけません。

「○○さん、紅茶好きって言ってなかったっけ?美味しいお店を教えてもらったんだけど、今度の週末一緒に行ってくれないかな?」

この時も軽く誘うこと。

女性の警戒心はいきなりなくなったりはしません。

信用してもらうには時間が必要です。

ガツガツ迫ったりすれば、女性はあっという間に逃げ出す生き物だということを、くれぐれも忘れてはいけません。

そして、もし断られても気にしないこと。

あくまでこれはデートの誘いではないのですから。

すぐに「じゃあ、いつなら行けそう?」「1人じゃ行きにくくて」

と彼女と予定を合わせるように話をすすめれば、断られる確率はぐんと下がります。

デートは、自分に好意をもってもらうように努力する場

彼女との楽しい時間を何度か過ごしたあとは、いよいよデートのお誘いです。

彼女を食事に誘ってみましょう。

ここでも注意が必要です。

デートはあなたの好意を彼女に伝える場ではありません。

逆に彼女が自分に好意を持ってもらうように努力する場であると考えるべきです。

「好きだ」という気持ちをぐいぐい伝えるだけでは、彼女の気持ちは動きません。

自分は彼女に好意を持ってもらうにふさわしい男だと、認めてもらう必要があるのです。

あなたが誠実な男性であることがわかれば、彼女は安心してあなたの誘いに乗ってくれるようになるでしょう。

それから少しずつあなたの好意を示していけばよいのです。

余裕のあるスマートなふるまいに、女性は魅力を感じる

モテる男性とモテない男性の1番の違いは何だと思いますか?

見た目やおしゃべりが上手など、目立つ要因は確かにモテる要因ではありますが、それだけではありません。

1番の違いは自分に自信を持っているかどうかです。

自信のある男性のふるまいには余裕があります。

この余裕のあるスマートなふるまいに、女性は魅力を感じるのです。

あなたがモテる男性であるなら、好きな女性に断られないデートの誘い方というのは、そんなに難しいものではないのかもしれません。

しかし一般の男性にとって、好きな女性を振り向かせることはそう簡単ではありません。

まずは自分を信用してもらうこと。

そして彼女に好意を持ってもらえるように努力すること。

最後にあなたの好意を誠実に伝えること。これをマスターできれば、きっと彼女の気持ちはあなたに傾くはずです。