Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出会い系で本名を教えてはいけない4つの理由

出会い系で魅力的な女子と知り合いになれたら本名を教えてもっと距離を近づけたいと考えるのはもっともなことです。

もちろんそれによって互いの関係が良くなっていき、もっと深い関係につなげられる可能性はあります。

しかし、たとえ女子の方から本名を教えて欲しいとアプローチをかけられたとしても簡単に教えてしまわないのが無難です。

それが成功につながるという期待がある反面、本名を教えることによるリスクも高いことは否めません。

現実的な問題として出会い系を使って本名を教えたために被害を受けてしまっている人もいます。

大まかには4つの理由があることから原則として本名を教えてはいけないと考えなければならなくなっているのが現状です。



業者のなりすましの可能性がある

出会い系で本名

実際に起こっているトラブルとして多いのが商業関係者によるなりすましであり、本名を教えてはいけない理由の1つです。

特にまだオンラインで知り合って仲良くなっただけの話であって、実際に会ったことも電話で会話をしたこともないという場合に多くなっています。

また、もう会って話もしたことがあるという状況なら大丈夫かというと、必ずしもそうではありません。

その状況でも悪用を考えている人に出会ってしまっている可能性もあるからです。

個人情報として悪用されるリスクがある

本名は個人情報として重要なものであり、漏洩リスクがあることが本名を教えてはいけない理由の2つ目です。

本名だけでも商業関係者としては顧客リストに登録していることも少なくありません。

出会い系に興味がある人だという位置づけをして、積極的な宣伝広告をするようになることがよくあります。

日常的に出会い系のメールが届くようになったり、住所が漏洩するとポスティングが盛んに行われるようになったりという形でのトラブルが頻発しているのが現状です。

本名がわかればそれをいくらでも悪用することが可能です。

インターネット社会になっている影響で、個人名がわかってしまえば、それを使ってブログなどを作ってしまうこともできます。

会ったことがあれば写真を撮ることもできるので、それを使って様々な形で情報発信を行われてしまうリスクがあるのです。

出会い系で遊んでいると知人にバレてしまう可能性がある

遊んでるバレる

悪意がない人に出会うことが本当にできたという場合であっても大きなトラブルが発生する可能性があるので本名は最後まで隠し通すことが重要です。

個人名で掲示板やブログに投稿することもできる一方、個人名を出して自分のブログなどに書き込みをすることも可能です。

たとえ女子側に悪用する意図がなかったとしても、そのブログをたまたま見ていた自分の友人に見られてしまい、出会い系で遊んでいる人というレッテルを貼られてしまう可能性も否定はできません。

自分ではないと主張する根拠もないと否定も難しくなり、ともすると古くからの友人を失ってしまう可能性があります。

もともと遊び友達を探すつもりで出会い系で女子を探していたという場合には、本命の彼女に知られてしまうリスクもあり、築き上げてきた人間関係が瓦解してしまうこともないわけではありません。

リアルな記事の場合にはイニシャルですら知人には本人ではないかと疑われてしまう場合もあるので注意する必要があります。

イニシャルまでなら大丈夫だと安易に教えてしまうと、意外なところからお前のことではないのかという話をされてしまう可能性もあるのです。

本名から周辺情報が流出してしまう可能性がある

周辺情報が流出

本名がわかってしまうとその周辺情報も検索することができるようになります。

本名を教えてはいけない理由の3つ目として、本名だけでも他の個人情報を取得されてしまうリスクがあることが挙げられます。

インターネット上には本名がわかれば漏洩してしまう個人情報が多く、場合によっては勤務先の情報なども調べることが可能です。

また、本名での登録が義務付けられているSNSを利用するとSNS経由で友達の情報を調べたり、出会い系では使っていないメールアドレスを獲得したりすることも難しくはありません。

特に深刻なのが商業関係者に住所や電話番号などの連絡先を名前から発見されてしまったときであり、直接連絡が来て執拗な勧誘などを行われる可能性が生じてしまいます。

このような事情もあって本名を明かさない方が安心なのです。

関係が悪化したときのリスク対策として教えてはいけない

もう一つ気にかけておきたいのが今は良い関係があったとしても将来的にそれが続くとは限らないということでしょう。

関係が悪化したときのリスク対策という観点が本名を教えてはいけない4つ目の理由です。

出会い系を利用する人はそれぞれ目的が異なっているということは利用する上で覚えておかなければならないことでしょう。

寂しいときに気軽に会える相手を探したいという人もいれば、将来は結婚する前提で付き合える相手を探したいという人もいるので、仲良くなったとしてももともとの価値観に違いがあることは稀ではありません。

少しの付き合いをしている間は大丈夫であっても、どちらかがもう一歩関係を深めたいと思ったときに考え方の不一致が起こって途端に関係が悪化することもあります。

このときに本名がわかっていると、本名を晒してひどいことをされたと有りもしない事実を公表されてしまう可能性も否定はできません。

それによって地位も名誉も失ってしまい、裁判の末に無実を証明できてもやはり周囲の目が痛くて生活に苦労しているという人も実際にいます。

事実しか公表していないとしても世間から見ると男の方がひどいと解釈されてしまうことも少なくありません。

概して出会い系に対する認識として、世間的には男が遊んでいるという見方をされてしまいがちなため、本名と出会い系という組み合わせで情報発信が行われるだけで立場を失う可能性があるのは理解しておく必要があるでしょう。

そのような被害に遭わないようにするには本名を教えてはいけないと肝に銘じなければなりません。

安心して出会い系を利用するための基本として覚えておくことが肝心です。

本名を教えるタイミングは、LINE交換する際がベスト

出会い系で本名タイミング

ハンドルネームを使って出会い系サイトを利用していても、必ず実際に女子と会うタイミングあります。

その歳、カカオトークや、LINE交換することがあると思うのですが、LINEのIDとして本名を利用している男性が多いので、このタイミングで、本名を教えるのがベストです。

実際に女子と会う際に、レストランやカラオケ等々で、本名をお店側に伝える際に、女子に本名がバレることがあるので、あえて隠す必要がありません。

ただ、絶対に本名が知られたくないような関係を望んでいるのであれば、LINE交換するIDや、お店を予約する際の本名など、徹底的にハンドルネームが使える環境を整えた方が良いでしょう。

悪徳業者を警戒し、LINE交換ではなく、カカオトークのIDを伝える

LINEのアカウントして、本名をそのまま使用してしまっている人が多いかと思います。

その場合、LINEのアカウントを教えるということは、個人を特定することにも繋がります。

そのような事情から、LINEのアカウントは教えたくないという男性も多いでしょう。

最悪、業者に個人情報が流出してしまい、しつこい迷惑行為を受けてしまう可能性があるので、当然です。

そんな時は、相手の女子には、カカオトークのアカウントを教えるようにしましょう。

カカオトークは、LINEと同じコミュニケーションツールで、機能的にはLINEと大差がなく、LINEのサブとして利用されることが多いです。

もちろん、カカオトークは無料ですし、若い女子であれば、既にアカウントを持っていることが多いので、問題なく連絡手段として利用可能です。

アプリ運営会社側の監視体制がしっかりしていても、悪徳業者は常に隙を狙ってくるので、警戒しておきましょう。