Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お花屋の店員さんを口説く!恋愛に発展させる王道テクニック

花屋さんの店員さんには可愛い雰囲気の女性が多い、と思ってしまうのは僕だけでしょうか。

僕は一年前に気になっていた花屋の店員さんと連絡先を交換して、恋愛に発展させることができました。

気になっていた花屋の店員さんとどのようにして連絡先を交換し、恋愛に発展させたのかを紹介していこうと思います。

自分自身の経験から店員さんと自然に連絡先を交換する秘訣やアドバイスなども併せて紹介します。

花屋に、コツコツ通って存在をアピール。

いつも通っている道沿いにある花屋の店員さんがすごくタイプの女性で、一目惚れをしてしまったのが始まりでした。

自然な雰囲気で彼女と連絡先を交換できる方法はないのかと思い、週末にその花屋に足を運んでは花束を購入するということを約1か月間続けていました。

まずは彼女に顔を覚えてもらうことから始めよう、と思ったのがきっかけです。

顔を覚えてもらったら、チャンス!

週末だけですが、一か月間花屋に通っていると常連のような雰囲気になることができました。

後になって彼女に聞いたのですが、なんで男が週末に花束を買うのだろう、とその時はとても不思議に思っていたそうです。

僕はその花屋で花束をただひたすら買い続け、彼女に顔を覚えてもらえました。

とりあえず顔を覚えてもらえたので、次はどのような雰囲気で連絡先を交換したらよいのかということを考えました。

女子から、自然に声を掛けたくなる雰囲気をつくる。

顔を覚えてもらった時点でいきなり「連絡先を教えてください」と伝えるのは警戒されがちなので、まずは怪しい男ではないということを証明したいと考えました。

いろいろ考えた結果、いつも会社に行くスーツ姿で平日の夜に花束を買いに行くことにしました。

女性はスーツ姿の男には好感と安心感を持てるということを聞いたことがあるので、いつも通りのスーツスタイルで決めて花屋に入ると、いつもとは違う雰囲気にすぐ気が付いてくれたのか、彼女のほうから自然に話しかけてくれたのです。

好意があることをストレートに伝えよう。

彼女のほうから話しかけてもらったことが嬉しくて、思わず笑顔になってしまいました。

そのまま少し立ち話をしながら気が付いたら10分くらい彼女と話していました。

僕が普通のサラリーマンであるということに好感が持てたのか、毎週末に花束を買う理由も聞かれました。

「実は僕のタイプだったのでどうしても気になってしまって…」

と正直に話すと、彼女のほうから

「連絡先を交換してお友達からならいいですよ」

と言ってくれたのですごく安心しました。

気に入った店員さんと恋愛に発展させたいと思うのであれば、まず顔を覚えてもらうことも大切ですが、相手に警戒させないように安心感を持ってもらうことも重要です。

女性は知らない男性には警戒心を抱きがちなので、その点にはとくに気を遣いました。

自分からすぐに連絡先を聞くのではなく、相手から自然に連絡先を聞いてもらえたり、自然に交換できるような状況を作るのもコツです。

あくまでも自然に、警戒心をもたれないように意識しよう。

まずは店員さんと客としての関係でいいので、少しでも会話ができるように努力するのも大切です。

男が頻繁に花を買うのは結構目立つみたいで、インパクトもあります。

相手の印象に残るようにしながら、少しずづ距離を縮めていくことから始めるのがおすすめです。

僕は恋愛に発展しましたが、なかなかうまくいかないこともあると思います。

一度怪しまれてしまったら警戒心がほどけないままになってしまうこともあるので、自然な感じでまずは花屋に花を買いに行くのが一番のコツです。

自然な感じが薄れてしまうと警戒心を持たれがちなので、とにかく自然体で花を買いに行って、顔を覚えてもらうことから始めるのが第一歩になります。

気になる店員さんのことを凝視したり、ジロジロ見てしまうのもご法度です。

とにかく自然体を心がけて、結果を急がないということを念頭において行動します。

なかなか気に入った店員さんと連絡先を交換するのは難しいかもしれませんが、想いと誠意は必ず伝わります。