高度なテクニックが必要?ファミレス店員と連絡先を交換する方法

ファミレス店員の女性にアプローチするのは、正直言って非常に高度なテクニックがないと難しいものです。

女性は仕事としてお客さんに接しているので、それ以上の関係となるには長い時間をかける必要があります。

いきなり連絡先を渡すのはご法度です。

女性から避けられるだけではなく、その店舗を使いづらくなります。

一目惚れであっても、長い時間をかけて一目惚れではないように思わせるのがコツです。

ファミレス店員は、ある程度シフトが決まっています。

ターゲットの女性が入っている曜日をチェックしておけば、高確率で接触することができます。

店舗を利用するなら女性のシフトに合わせるようにしましょう。

おすすめ記事

出会い系サイト初心者は必読。コツさせ掴めば入れ食いです(笑)

Dカップ歯科衛生士と出会い系サイトPCMAXで本当に出会えた秘策

少しづつ声を掛けて、好感度を高めよう

店員から好かれる常連客になれば、深い関わりがなくても好感度を高めることができます。

まず、メニューは必ず確定してから店員を呼ぶことが大切です。

呼び出しボタンを押してからメニューを決める人は、店員から好かれません。

店員が忙しそうにしている時は呼び出すのを控え、ある程度落ち着いてから注文します。

テーブルの前を通る時に

「少々お待ちください」と

声をかけられた時は

「ゆっくりでいいよ」など、

声をかければ好感度が高まります。

これこそ接触時間は数秒であるにも関わらず、好感度を一気に高める方法です。

ファミレス店員と連絡先を交換するには、このテクニックが重要となります。

店舗が暇そうな時は注文時に多少の会話を織り交ぜます。

「店員さんのおすすめを教えて」

「どれがおいしい?」

という会話は、接触時間を増やしながら相手の好みが多少分かるかもしれません。

接客業をしている女性は少なからず人と接することを好む傾向にあるため、気さくに話しかけると良いでしょう。

食べ終わった皿は運びやすいように重ねる、複数人で来た時は注文をまとめてから店員を呼ぶなど工夫次第で簡単に良い常連客となります。

ある程度仲良くなったら注文時に、相手の名前や出身地などを聞いてみましょう。

良い常連客であれば女性も警戒心なく教えてくれます。

名前を教えてもらったら「店員さん」ではなく、「○○さん」と呼べば仲が深まります。

お客さんから顔と名前を覚えてもらうことは、ファミレス店員にとって嬉しいものです。

そうすることで相手も、あなたの名前や注文するメニューを覚えてくれます。

ただし、どれだけ仲良くなっても店舗が忙しい時に話しかけすぎるのは注意しましょう。

注文時の「がんばって」と、会計時の「ありがとう」の二言さえあれば問題ありません。

良い常連客として振る舞っていれば、直接接触がなくても好感度は維持できます。

女性の方から声をかけて来るようになれば、連絡先を交換するタイミング

女性の方から声をかけて来るぐらい仲良くなれば、いよいよ連絡先を交換します。

ファミレス店員は職場としてファミレスに来ているため、ここまで仲良くならないと警戒心はなかなか解けません。

相手の性格などを見て、良い頃合いでアプローチします。

「連絡先教えて」と直接的な表現ではなく

「LINEとかTwitterやってる?」

と、間接的な表現にしましょう。

相手は仕事中なので自分のアカウント情報を書いた紙を渡すのが適切です。

この時、目立たないように気を配ることもポイントとなります。

他の店員に見られていた場合、相手の女性がからかわれてしまうかもしれません。

お店を辞める時が、連絡先を交換する絶好のチャンス

最も嫌がられにくいのは、相手の女性が店舗を辞める時です。

ある程度仲良くなっている状態であれば、いつ辞めるのかを教えてくれます。

退職直前の来店時、先程と同じように連絡先を交換すれば通常より高い確率で連絡が来るでしょう。

ファミレス店員の中でお客さんと店員の関係性が崩れ、あなたが「お世話になった人」に変換されるからです。

退職後は定期的に会うことは難しくはなりますが、関係性を変える良いイベントと言えます。

仮にふられてしまった場合も、店舗を使いにくくなることがないのでリスクの少ないタイミングです。

アプローチしている最中に、退職イベントがあれば是非利用してください。