Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

料理教室の出会いは、恋愛に発展しやすい習い事!?自然にアプローチしよう。

婚活でも確かな実績を収めている習い事として料理教室が非常に有名です。

実際に、出会いを求めて、料理教室に通う女子も多いです。

なので、単なる遊び相手の女子を求めている男性であれば、他をあたった方が良いかもしれません。

ただ、将来を考えられる女性を求めるているのであれば最適な出会いの場となるでしょう。

 

料理教室は、自然と交際に発展する出会いの場でもある

料理教室の婚活や合コンは男女でペアになって1つの料理を作ります。

調理過程において自然と会話が弾み、共同作業を行えるのでそのまま交際に繋がりやすくなっています。

習い事の場合は男女ペアとはなりませんが、数名のグループで料理を行うことが多いです。

グループ内に気になる女性がいれば無理に声をかけなくても、調理していれば自然と話すことができます。

普段料理をするのか、どんな食べ物が好みなのかなどを聞いていけば仲が深まることは間違いありません。

ある程度仲が深まればグループ全員を誘って、料理研究という名目でカフェやレストランに行ってみましょう。

料理教室では聞けなかったプライベートなことまで知ることができます。

このように、料理教室は共同作業によって自然に女性と仲を深めることができる習い事なのです。

奥手な男性にとっては非常にメリットの大きい手段と言えるでしょう。

料理中の振る舞いが、女子に好印象をあたえる

調理中の振る舞いを少し意識するだけで、より確実にターゲットの女性と交際できるかもしれません。

料理教室は1人で料理を行うこともあり、その時に料理の腕前を披露すれば女性に良い印象を与えられます。

ただし、自分の腕前を自慢するような素振りはしないでください。

メニューを自分で決めて良い場合は家庭的な料理を作るとポイントが高くなります。

料理に自信がある人は女性の方から声をかけられることもあるはずです。

女性から好印象を抱かれるには調理だけではなく、調理後の片付けもポイントとなります。

「本当に料理が上手な人は調理中に片付けを同時進行する」

と世間ではよく言われています。

他の人が調理している時は暇を持て余すのではなく、積極的に皿洗いや食器の用意などに気を配りましょう。

料理に不慣れな女性であれば包丁や火の扱いに気を配り、危ない時は手伝ってあげることも効果的です。

気が利く、頼りがいのある男性として振る舞えば高確率で女性と仲良くなれます。

料理の仕方で、意中の女子の性格を把握しよう

逆に料理に自信がない人は無理にできるふりをするより、料理上手な女性に教えてもらう方がコミュニケーションがとりやすくなります。

ターゲットの女性が定まっていない場合は、分からないことがある度に違う女性に尋ねれば対応の仕方で人となりを知ることができます。

また、具材の切り方や調味料の量り方などの作業を見ればマメな人・大雑把な人など、女性の性格を把握できるのでチェックしてみましょう。

早い時間に教室へ行くと、思いがけない出会いがあるかも

ターゲットの女性と2人きりのデートが難しいなら、料理教室が始まる少し前に待ち合わせをして自主練習の誘いをしてみると良いかもしれません。

他の生徒が少ない中でコミュニケーションをとれるため、デートのような雰囲気を味わえます。

早い時間に教室へ行くことは普段話をしていない女性にも声をかけることができるので、多くの出会いを求める場合にも効果的です。

料理教室の講師との出会いで、注意するポイント

これまで生徒の女性に関するテクニックを述べてきましたが、料理教室の講師も1つの出会いと言えます。

他の人に調理のノウハウを教えるぐらいですから、料理の腕前が保証されているので男性にとって非常に魅力的です。

作り方を聞くなど積極的に行動すれば、生徒の女性よりもコミュニケーションがとりやすいかもしれません。

ただし、非常に注意すべき点があります。

調理において結婚指輪は不衛生となるので、結婚していても指輪を外している講師は少なくありません。

真剣に交際を求めるなら事前に既婚者・未婚者の確認は行っておいた方が良いでしょう。

講師をターゲットにする場合は料理の腕前ではなく、気配りなどの性格をアピールした方が効果的です。

講師の腕前が相当なものなので、男性に対してそれほど実力は求めていません。

生徒と講師では多少テクニックが異なるため、適切な方法を理解して自分をアピールしましょう。