Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

美容師アシスタントの女子を口説くポイント教えます!

美容室のアシスタントに、ときめいてしまった経験がある男性は多いのではないでしょうか?

美容室で働いている女子は、美容室で働いているだけあって、おしゃれや、美容に興味がある女子が多く、はっきり言って、可愛良い子が多いです。

今回は、そうな美容室の女子にときめいてしまった方に、「美容師アシスタントの女の子と仲良くなる」そして「連絡先を交換する」。この方法をお伝えします!

「仕事ぶり」をほめよう。

まず美容室に気になるアシスタントの子がいて、まだそれほど親しくない場合、やることはひとつです。「その子をほめる」ことです。

ここで気を付けてほしいのは、彼女の「仕事ぶり」をほめるのです。

何故なら、彼女は仕事中だからです。

仕事のときにほめられて嬉しいことって、やっぱり仕事のことです。

彼女の行動を見ていれば自然と思いつきます。

「髪の毛洗うの上手ですね」

「掃除、すぐやってくれるんですね」

「ドライヤー使うの上手ですね」「マッサージ上手いですね」

そしてしてもらったことには「ありがとう」を忘れないでください。

当たり前のように座席に案内してくれるから、ただ座って、もらった雑誌を読んだりしていませんか?

実はアシスタントさんは、お客さんの様子、趣味から雑誌を選んでくれたり、どのタイミングで話しかけるか考えているんです。

ですので、この仕事ぶりも「ありがとう」とスマートに受け取ってください。

これが出来ているだけで「礼儀正しい、いい人」の印象は持たれます。

頻繁に美容室に通い、接触回数を増やそう。

ちょっと話は外れますが、美容室にはもちろんしばらく通い続ける必要があります。

何せ、会う機会がそこしかありません。

美容室でしたら、一か月に一回でも訪れれば、常連さんです。

いつもじゃあカットやカラーしなきゃだめ?

そんなことはありません。

「髪の毛のセットをしてほしい」とか「気になる部分だけカットしてほしい」というのだけでも、十分来店理由になります。

日常会話から、突破口を探しだそう。

次のステップに行く頃は、アシスタントの子が、

「普段、どういう仕事をしているのですか?」

「お休みの日は、何をしているのですか?」

など、何気ない日常会話をしてくれると思います。

その際、さりげなく、女の子のプライベートな話も聞いてみましょう。

彼氏との話題になってしまったら、彼氏がいるということで、きっぱり諦め、次の恋に進むのもありかと思います。

女の子に相談をもちかけよう。

そのくらいまでの距離になった次は「女の子に相談をもちかける」ことです。

ここでの相談は、「髪型」から「ファッション」にまで広げていけると良いです。

「女の子から見て、この髪型はありですか?」

「この髪に似合うファッションってどんなのですか?」

「セットするためにはワックス、どんなの使うといいですか?」

あくまでも「女性目線での意見がほしい」スタンスで聞いてください。

彼女は真剣に考えてくれます。

美容師にはお洒落センスも求められますから、そのお洒落感覚を信頼してもらえたことも、とても嬉しいのです。

さて、ここまでくれば周囲の美容室の方も、あなたが彼女を気に入っているくらい感じ取るでしょう。

次のステップは、もし彼女が美容師だったら「指名」。

アシスタントの場合でも電話で

「○○さん出勤の日に行きたいんですけれど」

とサラっと言ってください。

ただしこの聞き方の場合は、自分から

「○○日に、○○ちゃんきていますか?」

ではありません。これは怖さが出てしまいます。

あくまで「いつかは決めてないけれど、相談したいことがあるし、○○さんのいる日がいい」。

このスタイルを忘れないでください。

LINE交換はさりげなく。

こうしてしばらく交友を深めていき、お互いのファッションの好み等を聞きます。

そのとき、「お店にいちいち聞くのも面倒だから、○○ちゃんのLINE教えてもらえるかな?相談もしたいし」と聞いてみます。

それで「それでもお店で」ならもう少し仲を深めてから。

OKならしめたものです。

さっそく「おすすめのお店とかある?」

「普段相談に乗ってもらっているからお礼がしたいし、ごはんでもどう?」

なんて誘ってみましょう。

教えてもらったときももちろん、「ありがとう」を忘れずに!

陥りやすい注意点

最後に陥りやすい注意点は「好きと思ったらすぐにプレゼントを送る」「アドレスを書いた紙を渡す」等です。

彼女たちは仕事をしています。

そして、あなたたちはしばらくの間は普通のお客さんなのです。

仕事中にプレゼントや手紙をもらう。

しかもよく知らないお客さんから。逆の立場になれば、どれだけ無茶なことかわかるはずです。